Peppermint Cafe

TOP > Thai Blog 

Author

【ペパマス】 マスター

1980年に吉祥寺で西海岸をイメージした店「PEPPERMINT CAFE」をオープン。1985年からタイ屋台料理の店にリニューアルする。

1985年当時に、オープンテラスになるカフェスタイルのカジュアルなタイ料理屋は日本にはまだ無く、東京在住の欧米人を中心に外国人に口コミで広がる。

長年タイ料理を日本へ紹介してきた事が認められ、2006年、タイ国副首相兼商務大臣ソムキット・ジャトゥシピタック氏より表彰を受ける。

現在はタイへ拠点を移し、五感を使い様々なタイの旬を、味を、イケテルものを、日常を、おもしろいものを、タイからペパカフェに発信してゆきます。
タイから届く音、味、空間、映像、情報の数々。
ペパーミントカフェ、ペパカフェ・フォレストをますます楽しい空間にしてゆきます。
これからもずっと、タイと日本の架け橋になることが我が理想。



【MIHO】

初海外でタイへ行ってしまったのが運命のはじまり。
2度目のタイで魅力にハマり、帰国後すぐにペパで働かせてもらうことに。
タイ語留学で一年住んだだけじゃ飽き足らず、現在バンコク郊外にてタイ生活継続中。
好きな場所はチェンマイ。

南の島と象とおかまばかり連想されがちな国ですが、ココからリアルな現代タイを紹介していきます。

PEPACAFE Connections

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

categories

selected entries

archives

mobile

qrcode

search this site.

others

affiliated links

sponsored links

スポンサーサイト
  • 2013.06.05 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


下町散歩

 P-masです。久しぶりの更新。

またまたバンコクの下町問屋街パフラッを散歩。

混沌とした雰囲気が大好きです。

生地問屋の奥に行くと、本物のピストルやライフル、
マシンガンが売っていました。

ライセンスさえあれば、購入可能だからちょっとオッカナイですね。

マシンガンは誰が買うのかな。。。


モデルガンじゃないですよ。お金持ちのタイ人が護身用に
レザービーム付きの拳銃を家に置いていました。
ここで、買ったのかな。


腹が減ったので、この食堂で昼飯です。
好物の豚のすね肉ぶっかけご飯味付け玉子入りを注文。

パフラー

こんな感じの屋台食堂です。
隣の席を見ると、スーパーモデルの様な美人さんがお食事。
多分タイのファッションショーなどのモデルさんだと思います。手足長かったー。


マツダ ファミリア クーペ発見!欲しい〜! 


タイ料理を食べ歩く

 町のいたるところに有る屋台や食堂。
安く美味しい店には、お客様がいっぱい。
勉強になるので、美味しそうな店は必ず入ってチェックします。


この店は生地の問屋街パフラッの裏路地で見つけた
カオカームーの店。豚のすね肉を醤油でとろとろに煮込んでご飯にのせて食べます。
有名店なのか、お客さんで満席で大忙しでした。
皮もゼラチン質でプルプル、肉は柔らかく期待通りの店でした。

エカマイ通りには、ガイヤーンの有名な店が有り良く行きます。
ここのガイヤーンは味もタレも抜群に美味しい。
上にはフライドオニオンがのっています。


イサーンスタイルのタマリンドとナムターンピップ、粉唐辛子のソースと
スイートチリソースの2種類があります。
ペパカフェのガイヤーンもここの店のガイヤーンを参考にして作っています。

海辺の屋台や食堂には、ソムタムプーマーがあります。
生の渡り蟹が入ったソムタムで、生渡り蟹は甘いです。
バンコクの屋台にもある淡水蟹の塩付けの入った
ソムタムプーは、寄生虫がいる事が多く、食べない方が無難です。

これは、渡り蟹のソムタム。実に美味しいソムタムです。

トン足ご飯,美味しいです

 市場で買い物をした帰りに、朝食を市場で食べて帰りました。


これは辛そう。朝からはちょっと厳しいな。

これも、朝からは重いな。





朝食は、やはり定番のカオマンガイ(海南鶏飯)かな。



カオカームー(トン足ご飯)も捨てがたい。

結局カオカームー、卵入り、汁だく、を注文しました。



醤油味がしみていて美味しそう。

五香粉の香りに、食欲がわきます。



手際よく、お皿に盛り付けています。

出来た!旨そう!



ペパカフェ・フォレストのトン足ご飯、カオカームーも、タイで食べるのと同じ様に
美味しいです。牛丼の様に「つゆだくで!」と頼んでみてください。

ご飯に醤油の煮汁がしみて、とっても美味しいですよ!

P-mas

クロントゥーイ市場の風景

 バンコク最大の生鮮市場「クロントゥーイ市場」は真夜中から早朝に
地元の業者さんが仕入れに来て賑わいます。
全ての食材が揃う市場ですが、ここにも、開発の波が来ていて、
大きなスタジアムの様な建物を建設中です。
現在の雰囲気のある市場で買い物出来るのはあと少しの時間
なのかもしれません。


一仕事終えた午前8時半の市場の風景。




大きな爪には身がいっぱいの、マングローブ蟹。




淡水域に住む、手長えび。えび味噌が海の海老より濃厚で、
トムヤムクンには、この海老が使われる店が多い。
ペパーミントカフェも、この手長海老を使用しているので、海老の香りが、
濃厚なトムヤムクンを楽しめます。




露天で豚を解体しています。豚に感謝。食べ物に感謝。




トン足。日本では余り食べる機会が無いですが、
タイでは頻繁に食べる機会があります。コラーゲンいっぱい!




豚の顔。ゼラチン質で、こちらもコラーゲンがいっぱいです。




右下は、香港辺りではとっても高級魚のハタ。白身で美味しいです。




こちらは、天然の海の海老。ニンニクと黒胡椒で炒めて食べると最高です。




ランブータンの季節です。タイ語では「ンゴ」と言います。




おなじみの、ドリアン。お酒と一緒に食べないでください。血圧が上がって死ぬ人もいます。




1個50円。




マンゴー。こちらは1キロ40バーツ(約108円)安い!




タイ料理に必要不可欠の食材、唐辛子。痛いほど辛いので日本では少し辛さを
抑えています。ペパカフェには冷凍で航空便で送ってきます。




こちらも、トムヤムクンには必要不可欠のハーブ類。1食用にセットになって売っています。
もちろん、ペパカフェのトムヤムクンには全てのフレッシュなハーブ類が入っています。




ここにも、開発の波が。後ろの大きな建物が出来たら、市場の雰囲気も随分変わると
思います。今のままが好きだけど、仕方が無いですね。

市場の散歩に、お付き合い頂き、ありがとうございました!
少しずつ、タイの日常風景をUPして行きます。

P-mas

タイ大洪水 〜10月20日の現状〜

 Sawaddee ka
いまにも大洪水に巻き込まれそうなMihoです

これまで散々、バンコクの洪水は「ない!」といい続けてきたタイ政府ですが、20日夜に会見して予想を超える水が押し寄せてきて、制御ができないなんて言い出しました。。そ、そんなぁ・・・。(素直でいいけど)
そこで、バンコク随所に走っている水路があるのですが、その水門を全開放することになったそうで・・・。

今まで首都バンコクを水没させないための対策を取ってきたのですが、結局それってバンコクへ流れ込む水路の水門を閉めて、土嚢やコンクリの壁で水の行く手を阻んで、無理やり水の流れを変えようとしてたわけで。首都を水没させたくない気持ちはわかる。でも、自然じゃないですよね。
水は行きたい方向への力をどんどん増していって、その結果、急遽作った堤防決壊→溜まりに溜まった水が一気に住宅街や街へ流れ込んで被害が拡大してしまったわけです。

初めから、地形に詳しい専門家と
海抜がどうのこうのとか話し合って、水の流れていく方向を見極めることはできなかったのだろうか?と、疑問です

今晩はまだ
うちの近所であるノンタブリー県ムアン郡は水は来ていませんが、車で15分ほど走ったところは既に水浸し

http://de21.digitalasia.chubu.ac.jp/floodmap/reports/view/291

こちらのサイトは
洪水情報Forタイ在住外国人です。
タイに、タイ人以外のお友達がいたら、ぜひこのサイトを教えてあげてください。わかりやすいです。


今日は早めに店じまいっと・・・。


地下駐車場入り口。ここがやられてしまったショックですね・・・


今回私が信じられなかった光景。

高速の路肩に、我が愛車の水難を逃れさせたい自分勝手な人たちが無断駐車してるんです。
午後になってお巡りさんがせっせとレッカー移動させていましたが、いたちごっこでしょうちなみに大小関わらず「橋」も大人気スポットです。

明日また余裕があればアップします。
では〜


大洪水

 Sawaddee ka
ミホです。

皆様ニュースで情報が入っているかもしれませんが、タイが大変なことになっています。大洪水です。

訪れたことがある人もいるでしょうアユタヤの涅槃像。
記念写真と比べてみると、水位がわかるはずです。

先月末にタイ北部チェンマイのピン川が氾濫し、ナイトバザールなどが浸水する被害がありました。その後、雨量が増していき、ダムの貯水率が100%となってしまったため放水した結果、川を下って来た水と相変わらずの雨によりアユタヤの洪水が深刻だ!と言い始めたかと思ったらみるみる水位が上がり、先週10日頃には場所によって2〜3mにまでなってしまいました。

11日以降はバンコクに水が来るかも!という噂が飛び交い、バンコクのスクンビット沿いにある日本人の集まるエリアでは日本と同じ「買いだめ現象」が起きてスーパーなどから水やインスタントラーメン、カセットコンロなどが姿を消す大騒ぎとなりました。
店を閉めて安全といわれる地域に移動したり、土嚢の確保に右往左往したり、コンクリで即席の壁を作ったりと、対処方法はそれぞれですがちょっとした騒ぎでした。


こどもは元気

先日16日に大潮とぶつかって、首都バンコクが大洪水の危機に!といわれていました。しかしこの首都を水没させないように!という政策が取られたようで、BKK周辺の運河などの水門が開けられ、これによって周辺地域が犠牲となるといった状況になっています。まあ、これだけが原因でひどくなっているのではないのでしょうけれど、何か他の手だては無かったのでしょうか。

そんな中、チャオプラヤー川で船1,000を使ってスクリューで水を流したり、船を上流から下流へ一気に進ませて、そのチカラによって水を海へ押し出す、、というなんとも原始的???な対策も実行されているのも事実。(タイらしい?)

まだまだ注意が必要とされていますが、BKK水没の危機は免れたようです。タイ全土の3分の1が水に浸かってしまった今回の大洪水ですが、この先毎年起こるのではないかという予感がします。
ひとまず、雨が降らず水がひいてくれるのを祈るのみです。


これはウチ(ノンタブリー県)から車で20分くらいの所。
ウチの近所はまだ被害ありません。


たべるもの

 
Sawaddee ka!
ミホです

突然ですが、タイでは好き嫌いの大いに別れる食べ物の一つに「虫」があります。
日本でも山間部ではタンパク源として食されてきていますよね。それはタイでも同じようです。山間の人たちは抵抗なく食べたりしますが、バンコクのような都会っ子は「きゃー」とかいって試そうともしない。

これこれ、見てください。↓


何だかわかりますか?
バッタ君です。カリッと揚がっていて、胡椒としょっぱい味付けがされています。

ちなみに私は生まれも育ちも東京都ですが、この虫君、好物です(大好物ではない)
お酒のつまみにぴったりなしょっぱさと食感。そしておたまにひとすくい20B(約50円)でこの量というコストパフォーマンスのよさ。店構えはなく、基本的にはバイクなどで売り歩いているおじちゃんなどに声をかけて買います。

他にも竹の中にいる芋虫や蚕、ゲンゴロウのようなやつやタガメにサソリ・・・バラエティ豊かなメニューです。また買ったときに写真アップします。(え、いらない?)

それでは、またー



落し物

 
Sawaddee ka!
ミホです


すごい落し物を拾ってしまいました!!

どうしてそれをひらりと落としてしまったのか。

どうしてそれを持ち歩いていたのか。

そしてどうしてそんな顔なのか。

謎は深まるばかり・・・


そして、その落し物とは

 ↓↓コッチです↓↓

すいかバー

Sawaddee ka! ミホです。 タイですいかバーを発見!!スイカバー



申し訳程度の種チョコ3粒・・・。

お味はまあまあでした。

そういえば日本のすいかバーって、中にも種あったっけ??

もう遠い過去なもんで忘れてしまいました妄想


PARDEN !

 
Sawaddee ka!

とんとご無沙汰しておりました。
Mihoです。

ちょっと個人的出来事でごたごたしていたんですが、
やっと落ち着いてきたのでブログ更新にたどり着いた次第です。

いきなりですが、私は甘いものにあまり興味を惹かれません(飲兵衛の証?)
でもでも、ペパマスターから「バンコクで元ペパ・キッチンスタッフが奥さんとフルーツパーラーをやっているよ」と聞いてからずっと行きたくて行きたくて機会をうかがっていたのですが、ついに行ってきましたーーー!


かわいい内装



雑貨販売スペースもあり

うっかりカメラ忘れてしまって急遽携帯で撮影。
すごく素敵な雰囲気で、ついついのんびりしたくなっちゃいます。

土曜日だけ夜ちょっと遅くまでやっているという情報を事前に手に入れていたのですが、着いたらもうラストオーダーのお時間でした。あらら、、と思う間もなく気を取り直して「あ、あのーー、昔ペパーミントカフェで働いていましたか?」と直球質問!そこからはあれよあれよと話が弾み、みな笑顔。 :)

もちろんオーダーも忘れずに。


定番☆フルーツパフェ!


こちらタイ人にはお馴染み、チャオクワイ・フルーツのっけ(メニュー名忘れました)

チャオクワイとは仙草ゼリーなんて呼ばれたりしているコシのあるプルルン食感の薬草ゼリーです。黒糖とクラッシュアイスと一緒に食べるのが一般的ですが、フルーツのっけで贅沢に☆

パフェのクリームのほろ甘加減とフルーツのみずみずしさ、そしてたっぷりのパッションフルーツソースの酸味が微妙なバランスでおいしいーー!さっきも書きましたが、私甘いものにあまり興味を惹かれません。でも、これはつい「おかわり!」と言いたくなってしまうほど。

おいしかったな・・・。

オーナーのヨードさんと奥様のひさこさん、とっても素敵なお二人でした。

またいこーっと。


PARDEN
Add:The Manor 2F 32/1 Soi 39, Sukhumvit Rd., Bangkok
   スクムビットSoi39入って徒歩10分右手 Manor内2階

Open:10:45〜20:30

Tel:02-204-2205


| 1/4ページ | >>