Peppermint Cafe

TOP > Thai Blog 

Author

【ペパマス】 マスター

1980年に吉祥寺で西海岸をイメージした店「PEPPERMINT CAFE」をオープン。1985年からタイ屋台料理の店にリニューアルする。

1985年当時に、オープンテラスになるカフェスタイルのカジュアルなタイ料理屋は日本にはまだ無く、東京在住の欧米人を中心に外国人に口コミで広がる。

長年タイ料理を日本へ紹介してきた事が認められ、2006年、タイ国副首相兼商務大臣ソムキット・ジャトゥシピタック氏より表彰を受ける。

現在はタイへ拠点を移し、五感を使い様々なタイの旬を、味を、イケテルものを、日常を、おもしろいものを、タイからペパカフェに発信してゆきます。
タイから届く音、味、空間、映像、情報の数々。
ペパーミントカフェ、ペパカフェ・フォレストをますます楽しい空間にしてゆきます。
これからもずっと、タイと日本の架け橋になることが我が理想。



【MIHO】

初海外でタイへ行ってしまったのが運命のはじまり。
2度目のタイで魅力にハマり、帰国後すぐにペパで働かせてもらうことに。
タイ語留学で一年住んだだけじゃ飽き足らず、現在バンコク郊外にてタイ生活継続中。
好きな場所はチェンマイ。

南の島と象とおかまばかり連想されがちな国ですが、ココからリアルな現代タイを紹介していきます。

PEPACAFE Connections

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

selected entries

archives

mobile

qrcode

search this site.

others

affiliated links

sponsored links

スポンサーサイト
  • 2013.06.05 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


落し物

 
Sawaddee ka!
ミホです


すごい落し物を拾ってしまいました!!

どうしてそれをひらりと落としてしまったのか。

どうしてそれを持ち歩いていたのか。

そしてどうしてそんな顔なのか。

謎は深まるばかり・・・


そして、その落し物とは

 ↓↓コッチです↓↓
続きを読む >>

タイ人オトコ

 
こんばんは、Mihoです




いきなりですが、タイ人男性と言えば・・・
●女好き
●浮気者
●仕事しない
など、けっこう良く無い噂を耳にすることも多い

今日、興味深いニュースがありました。公務員を対象としたアンケート調査で「タイ人男性が愛人をもつのはなぜ?」というのを聞いてまわったそうです。すごい調査ですね

そう、タイ人オトコって「愛人」作っちゃうんですねえ
容姿も収入も世間体も気にせず!(ヒドイ言い方?)
モチロン全ての男性がそうではないですが、同じタイ人にアンケート調査されてしまう程ではあるわけです。

男性の答えは「機会があった」「妻に飽きた」「妻の振る舞いや容姿」などがきて、そしてこの答え!「男性の数が足りない」。
女性からはこの答えが70%も占めているんですね〜


タイではここ最近警察官僚や政治家の愛人問題がニュースでばんばん暴露されたりでこんなアンケートを行ったのでしょうか。
でも、なんと言っても男性同士の同性愛者もかなりいるタイランド。そのせいで女性にとっても男性の数が足りなくなっていることもあるようです

こんな浮気な男子が多いことが原因で、タイでは女性の同性愛も増えているのだとかこれからどうなっていっちゃうんでしょうか

トップの写真は元FUTONという日本人も含めたバンドメンバーだったGaneねえさん。(当時はまだにいさん的でした)
クラブイベントに行くと、必ずと言っていいほどいます。笑
素晴らしい出席率です

まとまらない文章でスミマセン

ではでは


むやみやたらはいけません

 
sawadee ka
ご無沙汰しております。

最近アクシデントに見舞われてしまいました。

先週末、日本から友達が遊びに来たのでいそいそとバンコクまで出て行って、夜の街で食べたり飲んだり喋ったり・・・と楽しんでいたのです
そこへ可愛らしいにゃんこが足もとへすり寄ってくるではありませんか。

「アジアで見知らぬ動物には手を出すな」

そんなバックパッカー時代に立てた旅の決まり事などアルコールのチカラですっかり吹っ飛び、「にゃー」とか言いながら出しちゃったのです、手を

すると思いのほか勢いが良かったのか、驚いた猫ちゃんは私の指先をがぶり。。。アルコールによりあまり痛みを感じなかったのに、ふと見るとだらだらと指先から赤い液体が・・・
旅行者の皆をびびらせてはイカンと、何故かその時だけそんなことを思い散々楽しんだのですが、次の日起きて「狂犬病」の恐怖に襲われすぐさま近所のクリニックへ駆け込みました

そうです、日本ではもうワクチン接種が義務づけられていますが、タイやその他の色んな国ではではまだまだ年間で亡くなる方がいる怖い感染病。特に野良ちゃんなんてどういう生活環境かもわからないので、下手に手を出すなんてもってのほかなんです。

*狂犬病について*
厚生労働省のサイトに詳しくのっています。

そう、それでクリニックに駆け込んだ私が「ね、猫に噛まれて・・・」と切り出すと、看護婦さんは「あらら。。いつ何時ですか?どこで?どこを?どんな状況で?」と質問攻め。
全ての質問に答え終わると、体重と血圧を測ってワクチン接種!両肩に1本ずつ、利き腕じゃない方は筋肉注射のような、びりびりくる強烈なやつを打ってもらいました。やはりああいった強力なウイルスに対抗するには強力なワクチンなのでしょうか。今後、半年先まで計6本のワクチンをスケジュール通りに接種しなければなりません。
今回は自分でそのタブーを破ってしまったわけで・・・自業自得です。
皆さんは旅行される時気をつけてくださいね。


最後に、強力ワクチンの痛み止めに出された世にも毒々しいタイのお薬の写真です。

これを飲む方が体調悪くなるのでは・・・?




赤服集団潜入そして水掛け祭りのソンクラン


こんばんは

タイは長々とスア・デーン(=赤服)が大騒ぎしていますね。
先日、お仕事のため外出したのですがその先はことごとく赤組UDDの拠点ばかり。

バックパッカーの集まるカオサン通りの近く、民主記念塔はこんな事に。



このまわりはもうスア・デーンだらけ。テントを張って住み込んでいる人も大勢います。あらゆる所で赤い色のグッズが売られており、異様な光景。数カ所で炊き出しも行われていて「お腹が空いた人は並んで」というアナウンスが流れ、そこには長蛇の列。



ここで、この次の日 に日本でも大きくニュースで流れたと思われる衝突が起きてしまったのです。日本人やタイ人が何名か残念な事になってしまいましたね。もう、誰が良いとか悪いとか関係無しに赤組へ参加しているタイ人もたくさんいると思う。ほとんどが北部や東北イサーンからの農民で、観光バスチャーターで連れてこられた人も多いとか。参加すれば参加費が支給されたり(!)炊き出しもフリーだったりと、ただいればそれだけ保証されるなら、生活に困窮しきっていた人だったら飛びつくに違いない。

普段都会の生活に慣れてなくて右も左も分からない人が、連れてこられた先でいきなり反現政権の演説を延々聞かされたらどうなるだろう。群集心理も働いてだんだんとそんな気になってきて洗脳されてしまうのではないかしら?



ここが一番の拠点とされているラーチャプラソン交差点付近。伊勢丹やセントラルなどのショッピングセンターやインターコンチネンタルなど高級ホテルも立ち並ぶ場所。ホテルはキャンセルが相次ぎ、ショッピングセンターは開店できない状況。たった1日で2〜3億の損害が出ているらしいです。私の友達も後ろに見えるZENの美容院で働いているのですが、もう2週間も休みでお金もする事も無くなったと嘆いていました。



交差点近くのスクンビット通り。赤服カードなるものも存在し、それが会員証的なものなよう。他にも赤服ソングやダンスもあります・・・。
今は、現アピシット首相かスア・デーン(UDD)のどちらかに「勝ち」の旗が揚がってしまったらタイ国内はぐちゃぐちゃになってしまうだろうと囁かれています。


し・か・し・・・・


そんな最中に訪れたのはタイの旧正月であるソンクラン(水掛け祭り)
地方によって少し変わったりしますが、基本は毎年4月13日〜15日の3日間で朝から日暮れまで老若男女問わず皆で水を掛け合うというクレイジーなお祭りです
このときばかりはさすがのタイ人も赤組休戦し、みんなバッシャバッシャと水掛け合ってました。





モチロンこの水掛け合戦には私も参戦!
タイ人はタルカムパウダー(ベビーパウダー)を水に溶いてペースト状にしたものをぺたぺたと人に塗りたくるのが大好き前から後ろから容赦なく手が伸びてきて、知らない人でも構わず顔や肩にガンガン塗ってきます。おかげで顔は真っ白けだし、カバンもこんなになってしまいました・・・。



困るのは氷水をかけてくる輩がいる事。寒いったらありゃしない。さすがにずうっと服ごと濡れたままでいると、40℃のタイでも寒いんです!ブルブルと震えつつ、カオサン通りの裏にある友達のお店「Smith」に駆け込んで温かいもの食べて回復。
今度このお店は改めて紹介しますね。家族でやっててお母さんのご飯がたまらなくおいしいのです。カオサンの喧噪が嘘のような静かな空間で落ち着けます。

ソンクランも終わってしまいまたも騒ぎ出したタイですが、早く平和に戻って欲しいものです



あんなところに・・・

 サワディーカー★ Mihoです

私は現在タイの首都バンコクではなく、
その一つお隣のノンタブリー県と言うところに住んでいます。

バンコクを南北に流れるチャオプラヤ−川にはエクスプレスボートと言うものがあって
その北の終着駅がノンタブリーなのです。

この間の日曜日の夕方はそのノンタブリー船着き場へお散歩


     


のんびりしてて気持ち良いな〜なんて思っていると、
並んでいるランプに何かがぶら下がっている・・・。

近づいてよくよく見てみると、なんとそれは・・・


        
         果物の王様と呼ばれるドリアンじゃないですか!


実はノンタブリー県は果物の産地として有名で、その中でもドリアンは特産品らしいのです。

ほら、日本でもよくありますよね?
特産品をやたら地域中に点在させているあれです。

タイでもあるんだ!とちょっと嬉しくなった瞬間でした


この後はボートに乗って一時間南下して、ローカルエリアへビールを求めにいきました


では、また〜


海の向こうでコンニチハ

 サワディ〜カ〜 Mihoです

先日友達とお祭りのようなものに行った時に発見したバイク。
 


おやおや?
ここはタイランド。

君のいる場所は違うんでないのかい?と思いつつパチリ

実は以前にも街中で「厚木市」のバイクを見かけたことがあります。

これってもしや盗難車ですか!?

事実はつかめていませんが、もしそうだったら。。。

愛車をお持ちの方はお気をつけ下さいね。

気づいたら勝手に海外旅行へ連れて行かれてるかもしれませんよ〜

| 1/1ページ |