Peppermint Cafe

TOP > Thai Blog 

Author

【ペパマス】 マスター

1980年に吉祥寺で西海岸をイメージした店「PEPPERMINT CAFE」をオープン。1985年からタイ屋台料理の店にリニューアルする。

1985年当時に、オープンテラスになるカフェスタイルのカジュアルなタイ料理屋は日本にはまだ無く、東京在住の欧米人を中心に外国人に口コミで広がる。

長年タイ料理を日本へ紹介してきた事が認められ、2006年、タイ国副首相兼商務大臣ソムキット・ジャトゥシピタック氏より表彰を受ける。

現在はタイへ拠点を移し、五感を使い様々なタイの旬を、味を、イケテルものを、日常を、おもしろいものを、タイからペパカフェに発信してゆきます。
タイから届く音、味、空間、映像、情報の数々。
ペパーミントカフェ、ペパカフェ・フォレストをますます楽しい空間にしてゆきます。
これからもずっと、タイと日本の架け橋になることが我が理想。



【MIHO】

初海外でタイへ行ってしまったのが運命のはじまり。
2度目のタイで魅力にハマり、帰国後すぐにペパで働かせてもらうことに。
タイ語留学で一年住んだだけじゃ飽き足らず、現在バンコク郊外にてタイ生活継続中。
好きな場所はチェンマイ。

南の島と象とおかまばかり連想されがちな国ですが、ココからリアルな現代タイを紹介していきます。

PEPACAFE Connections

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

selected entries

archives

mobile

qrcode

search this site.

others

affiliated links

sponsored links

スポンサーサイト
  • 2013.06.05 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


たべるもの

 
Sawaddee ka!
ミホです

突然ですが、タイでは好き嫌いの大いに別れる食べ物の一つに「虫」があります。
日本でも山間部ではタンパク源として食されてきていますよね。それはタイでも同じようです。山間の人たちは抵抗なく食べたりしますが、バンコクのような都会っ子は「きゃー」とかいって試そうともしない。

これこれ、見てください。↓


何だかわかりますか?
バッタ君です。カリッと揚がっていて、胡椒としょっぱい味付けがされています。

ちなみに私は生まれも育ちも東京都ですが、この虫君、好物です(大好物ではない)
お酒のつまみにぴったりなしょっぱさと食感。そしておたまにひとすくい20B(約50円)でこの量というコストパフォーマンスのよさ。店構えはなく、基本的にはバイクなどで売り歩いているおじちゃんなどに声をかけて買います。

他にも竹の中にいる芋虫や蚕、ゲンゴロウのようなやつやタガメにサソリ・・・バラエティ豊かなメニューです。また買ったときに写真アップします。(え、いらない?)

それでは、またー



すいかバー

Sawaddee ka! ミホです。 タイですいかバーを発見!!スイカバー



申し訳程度の種チョコ3粒・・・。

お味はまあまあでした。

そういえば日本のすいかバーって、中にも種あったっけ??

もう遠い過去なもんで忘れてしまいました妄想


南国のアレ

 いやぁ、今夜はめっきり涼しくて夜空もすっきり見えてます
ミホです。サワディーカー

近所に住む友達に果物をもらいました。
でも、わたし、これ見たことも食べたこともないんですけど



はてこれは一体なんだろうか。
ポンラマーイ(果物)だよって言ってたけど。。。
とりあえず切ってみる。


ギャッ

なんだかトゥルってしてる。。。
でも、なんだこのえも言われぬ香りは。どこかで嗅いだことがある気がする。

食べてみる。

すっっっぱい
けど甘みもあって、この黒い種みたいなのがパリパリ?おいしい。
(キウイの種の食感が好きなら好きなはず)

これは・・・パッションフルーツだ!!
調べてみると、タイ語ではกระทกรก(ガトクロック)もしくはเสาวรส(サオワロット)というそうだ。フムフム

更に興味深かったのはこの中身を食べたあと。


なんかブチブチしてる・・・


どアップ

うう、なんかゾワゾワするけれど、見ちゃう

パッションフルーツ。名前は激しい感じだけれど、見た目はだいぶ大人しかったんですね。今までこんなフツーの外見してるから市場とかで見落としていたのだろうか?
これから気をつけてみてみよう。

また一歩タイ人に近づけました

ではでは。
おやすみなさい


寺の門をくぐるとそこには

 
お休みの日に友達に素敵なご飯やさんへ連れて行ってもらいました。
表通りからではわからない、ほんと隠れ家的なお店。


Wat Kheenookというお寺の門をくぐって


びゅんびゅん        
びゅんびゅん行くと


ついた!!

ほんとにこんな路地の奥にお店あるの?と思いましたが、しっかりありました。







チャオプラヤー川を眺めながらの素敵なロケーションで、ビールが進む進む。友達Goと会社の子Pexと3人でシンハー大瓶7本開けましたGoいわく「この店は夕暮れ時が一番良いんだ。日が沈んじゃうと何も見えない。そこらへんにあるような店になっちゃう」そうで、実際日が沈んだらなるほど納得でした。お休みの日に午後2時か3時ごろから船が行き交うのを眺めつつゆるゆるとワインでも飲んだら最高だな、と次回の計画を一人頭の中で練ったりして

もちろんお食事もとってもおいしかったです。


おしゃれ焼イカ


ぷりぷり海老のフリッター甘辛ソースがけ


蒸魚のライムソースがけ


タイ風おこげ「カオタン」

このカオタンはちょっと甘くて香ばしいたれをつけて食べるんですが、最高においしかった!!名前もかわゆい



私の住むノンタブリー県のどローカルエリアには結構こういった感じの、やるじゃんタイ人!と思わせるお店が意外とあるのです。バンコク大都会の息苦しさを感じることなく、ゆったりとした気持ちで食事やお酒が楽しめるのはとてもいい。

最初は何もないと思っていたノンタブリーも、知るにつれてどんどん好きになっていってます

今回のお店
IMG_0130.JPG
Baan Rabiang Naam(直訳すると「水のベランダのおうち」カワイイ・・・


では、また



ついつい・・・

どうも、こんばんは
ご無沙汰のMihoです。生きてます。笑

今日夕方、7-11へ行ったら、ものすごくそそられるものが。

        

        ミリンダ オレンジバナナ味!

普段は缶ジュースや炭酸飲料なんて全く飲まないんですが、今日のコイツには完全にノックアウトさせられました。もう、考える間もなく手に取ってた。笑

お味はというと、果汁30%位のオレンジソーダの陰に控えめにバナナくんが見え隠れしてる感じ?(わかりますか?笑)
なんだか子供の頃にどこかで飲んだような、なんとなし懐かしい気持ちになっちゃう味でした。

また面白いものみつけたらアップします〜

おやつの時間

Sawadee ka〜〜黒ねこ Mihoです


中華街に行ってきたのですが、そこでおいしいおやつを発見しました。
何だかわかりますか?
この黒いのはカオニャオ・ダムという黒い餅米で、
それをほんのり甘く煮て、 甘しょっぱいココナツミルクをたっぷりかけて食べるんです。
屋台でおばちゃんが食べてるのを見かけて、気になって挑戦したらこれがまたウマイメロメロ
黒餅米のプチプチした食感も楽しめて、とても気に入ってしまいました。
なんとこれで13バーツ(30円くらいかな?)♪やすいっ

 

右側の壁にくっついてるのがお店。
ほかには皮を剥いた緑豆や、トゥア・デーンという小豆みたいなお豆を煮たのとか、 なんともヘルシーなおやつ屋台でした。


タイ人は食べることが大好き。 どこにでも屋台があるし、道を歩けば誰かしら何かもぐもぐしてる。
そんなタイが大好きなのです。


 ↓これがバンコクの中華街
いつでも人と車で溢れています。



それでは、また〜



| 1/1ページ |