Peppermint Cafe

TOP > Thai Blog 

Author

【ペパマス】 マスター

1980年に吉祥寺で西海岸をイメージした店「PEPPERMINT CAFE」をオープン。1985年からタイ屋台料理の店にリニューアルする。

1985年当時に、オープンテラスになるカフェスタイルのカジュアルなタイ料理屋は日本にはまだ無く、東京在住の欧米人を中心に外国人に口コミで広がる。

長年タイ料理を日本へ紹介してきた事が認められ、2006年、タイ国副首相兼商務大臣ソムキット・ジャトゥシピタック氏より表彰を受ける。

現在はタイへ拠点を移し、五感を使い様々なタイの旬を、味を、イケテルものを、日常を、おもしろいものを、タイからペパカフェに発信してゆきます。
タイから届く音、味、空間、映像、情報の数々。
ペパーミントカフェ、ペパカフェ・フォレストをますます楽しい空間にしてゆきます。
これからもずっと、タイと日本の架け橋になることが我が理想。



【MIHO】

初海外でタイへ行ってしまったのが運命のはじまり。
2度目のタイで魅力にハマり、帰国後すぐにペパで働かせてもらうことに。
タイ語留学で一年住んだだけじゃ飽き足らず、現在バンコク郊外にてタイ生活継続中。
好きな場所はチェンマイ。

南の島と象とおかまばかり連想されがちな国ですが、ココからリアルな現代タイを紹介していきます。

PEPACAFE Connections

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

selected entries

archives

mobile

qrcode

search this site.

others

affiliated links

sponsored links

スポンサーサイト
  • 2013.06.05 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サメット島を目指せ その2


 さて、次の日。
朝から晴天でとても気持ちがいい!



寝坊気味の男子たちを待つ間女子3人で目の前のビーチへ。

とりあえずサメット島行きのフェリー乗り場まで車で行き、出発時間が早く、かつ安いやつで行こう!ということになり港へ。しかし昨日声をかけてきたツアーサービスのお兄さんに再度つかまってしまい、過去に一人旅をしていた私がそこのサービスが信用できるかを吟味する事にw

人柄・・・OK。 話した感じ・・・OK。 価格・・・OK。 サービス・・・OK。
と、頭の中のチェック項目にOKが付いていき、お兄さんのお勧めもあり、今日帰らなければいけない私たちは結局時間の有効利用のために公共のフェリーではなく、スピードボートをチャーターしてスノーケルポイントも2箇所回ってから島へ行くことになりました



コレに乗っていざ島へ。


一番前に座ってみる。キモチイイ!

この後スノーケリングポイント2ヶ所に立ち寄ってもらい、皆でスノーケリング!透明度はまあまあでしたが、残念な事がありました。それは海底の珊瑚が所々白化しているということ。つまり珊瑚が死んでいる。海水温の上昇が原因でしょうか。もしくは水質汚染か。一度白化してしまった珊瑚は元には戻らない。非常に残念です。
こういうことを引き起こさないために、常日頃から環境に関わる事には進んで目を向けていきたいと思う。・・・というか最終的に自分に戻ってくる事なので、知って、どんどん未然行動起こさなきゃ!


そんなこんなで島に到着!ここはシルバーサンドビーチ。
さらさらの鳴き砂がきもちいい。

スノーケリングで皆結構体力を奪われており、木陰のリラックスチェアで横になってビールのんでうとうと・・・。


そこにふらりと現れたソムタム売りのおじさん。

かごの中にお野菜やら調味料やら鶏を焼くための七輪やらを一切合切つめこんで、
お声がかかったらその場でポクポクと石臼使ってつくってくれます。
ソムタムとは、ペパ好きならおなじみ「青パパイヤのスパイシーサラダ」。おいしいです。



ビーチとおじさんがいい味をかもしだしている。


おなかも満たされ、さわやかな風に眠気を誘われ、一同爆酔。もうすこしこの時間を楽しみたい気持ちに後ろ髪ひかれつつ、夕方5時には島を後にしたのでした
たまにはこういう息抜きが必要ですね







サメット島を目指せ その1


またも先月のとある週末の話。
バンコクで働く友達に「島に行こうよ」と誘われ、6人でレンタカー借りて5時半集合でいざサメット島へ!

でもまずは手前のラヨーンで一泊。


コテージでBBQ出来るってことで港そばの市場へ行って食材買出し!




いつも川魚(主にナマズw)しか食べれてない私にとって、宝の山


エビ、イカ、貝類も豊富

何食べたい?
あれおいしそう!
これ何!?
なんて楽しい会話をしつつ市場を物色していると。。。


あれっ!?
なんか見たことある・・・。これは噂の「カブトガニ」じゃないですか?

そう、日本で天然記念物のカブトガニもタイでは立派な食材のようです。この日は暗黙の了解でカブトガニの仕入れはありませんでした一体どうやって食べるんでしょうか。そして味が気になります。ちなみに一尾150バーツ(約450円)と書いてあります。安い。

宿に戻ってお昼寝後、夕方から宴会・・・いやいや、BBQの準備。
でも実は私お昼寝しすぎて起きたら準備が整ってました〜。みんなありがとう
まあ、つまりその、、飲み食い担当だったわけです!申し訳ない。。。

深夜のイカ釣り漁でとれたてのアオリイカはなんとイカ刺しに!!!
持参のわさびと醤油でおいしく頂く。最高。


海老と鯛。贅沢〜〜 ※左上にイカ刺しの残骸が・・・。

散っ々飲んで食べて、6人でビール20本!「1ケースで足りるよねえ?」なんて誰が言ったのでしょう。更に贅沢なことに、締めは蟹のみそ汁!!


コンニチハー

この日の運転手兼料理長は早々とダウンし(そりゃそうだ)、彼が自分で一番楽しみにしていたこの味噌汁にありつけず・・・。皆この味噌汁でホッとして、宴会は終盤を迎えたのでした。
・・・が、このあと料理長の彼女と二人で歩いて3分の砂浜で夜の海と空を眺めてちょっと語ってから眠りにつきました。



| 1/1ページ |