Peppermint Cafe

TOP > Thai Blog 

Author

【ペパマス】 マスター

1980年に吉祥寺で西海岸をイメージした店「PEPPERMINT CAFE」をオープン。1985年からタイ屋台料理の店にリニューアルする。

1985年当時に、オープンテラスになるカフェスタイルのカジュアルなタイ料理屋は日本にはまだ無く、東京在住の欧米人を中心に外国人に口コミで広がる。

長年タイ料理を日本へ紹介してきた事が認められ、2006年、タイ国副首相兼商務大臣ソムキット・ジャトゥシピタック氏より表彰を受ける。

現在はタイへ拠点を移し、五感を使い様々なタイの旬を、味を、イケテルものを、日常を、おもしろいものを、タイからペパカフェに発信してゆきます。
タイから届く音、味、空間、映像、情報の数々。
ペパーミントカフェ、ペパカフェ・フォレストをますます楽しい空間にしてゆきます。
これからもずっと、タイと日本の架け橋になることが我が理想。



【MIHO】

初海外でタイへ行ってしまったのが運命のはじまり。
2度目のタイで魅力にハマり、帰国後すぐにペパで働かせてもらうことに。
タイ語留学で一年住んだだけじゃ飽き足らず、現在バンコク郊外にてタイ生活継続中。
好きな場所はチェンマイ。

南の島と象とおかまばかり連想されがちな国ですが、ココからリアルな現代タイを紹介していきます。

PEPACAFE Connections

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

selected entries

archives

mobile

qrcode

search this site.

others

affiliated links

sponsored links

スポンサーサイト
  • 2013.06.05 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タイ料理を食べ歩く

 町のいたるところに有る屋台や食堂。
安く美味しい店には、お客様がいっぱい。
勉強になるので、美味しそうな店は必ず入ってチェックします。


この店は生地の問屋街パフラッの裏路地で見つけた
カオカームーの店。豚のすね肉を醤油でとろとろに煮込んでご飯にのせて食べます。
有名店なのか、お客さんで満席で大忙しでした。
皮もゼラチン質でプルプル、肉は柔らかく期待通りの店でした。

エカマイ通りには、ガイヤーンの有名な店が有り良く行きます。
ここのガイヤーンは味もタレも抜群に美味しい。
上にはフライドオニオンがのっています。


イサーンスタイルのタマリンドとナムターンピップ、粉唐辛子のソースと
スイートチリソースの2種類があります。
ペパカフェのガイヤーンもここの店のガイヤーンを参考にして作っています。

海辺の屋台や食堂には、ソムタムプーマーがあります。
生の渡り蟹が入ったソムタムで、生渡り蟹は甘いです。
バンコクの屋台にもある淡水蟹の塩付けの入った
ソムタムプーは、寄生虫がいる事が多く、食べない方が無難です。

これは、渡り蟹のソムタム。実に美味しいソムタムです。

スポンサーサイト
  • 2013.06.05 Wednesday
  • 20:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク